大聖寺城について


石川県加賀市大聖寺の錦城山(標高約65m)に、江戸時代初期まで存在した平山城。

軍記物語『太平記』に初見があり、その頃の城は、錦城山の西につながる通称荻生山(標高約74m)にあった津葉城であるといわれている。

1615年、一国一城令により廃城となる。

その後藩政時代、錦城山はお止め山となり入山が厳しく禁止されていた。

そのため遺構の保存状態は大変良く、本丸や鐘が丸・二の丸・三の丸など多くの曲輪や、土塁、空堀などが残っている。

当保存会では十数年まえから、遺構に繁茂している竹木等の手入れを行い城跡の整備を継続している。

お知らせ

5/3 『福井歩こう会』錦城山を散策!

今日5月3日、『福井歩こう会』の会員36名が、『錦城山城跡散策と山ノ下寺院群で御朱印集め』で錦城山や山ノ下寺院群など、主に大聖寺を一回りするように歩かれ、錦城山の散策では、馬出し曲輪や東丸からの眺望の良さをとても気に入られていました。ルートは、次の通りです。

大聖寺駅出発 → 山中温泉道標 → 富樫の馬塚 → 菅生石部神社 → 長流亭建設時の普請奉行田中十左衛門の墓 → 玄蕃の首塚 → かが交流プラザさくら → 江沼神社 → 長流亭 → 錦城山(馬出し曲輪 → 本丸 → 馬洗い池 → 二の丸 → 戸次丸 → 三の丸 → 西の丸 → 局谷 → 鐘ヶ丸 → 東丸)→ 山ノ下寺院群(加賀神明宮 → 本光寺 → 宗寿寺 → 正覚寺 → 全昌寺 → 久法寺 → 蓮光寺 → 実性院)→ 大聖寺駅到着

⇒『福井歩こう会 錦城山を散策』に移動

4/30 お詫び

システムの障害で、数日に亘りHPを更新できませんでした。現在、原因・対策の確認中で完全に復旧はしていないため、今後もしばらくの間更新が滞る場合がありますことをご了承ください。

2/24 『平成29年度いしかわ地域の魅力創造まちづくり事業』に認定されました!

このたび、当錦城山城址保存会は、『錦城山の清掃活動と歴史講座の開講』活動が評価され、2月17日(土)、「(公財)いしかわまちづくり技術センター」より『平成29年度いしかわ地域の魅力創造まちづくり事業』の認定を頂きました。

この認定は、これまで町内の皆様と共に継続して行ってきた、錦城山町民清掃活動等が評価されたもので、町民の皆様に深く感謝いたします。

どうもありがとうございます。

これからも、織豊時代の貴重な大聖寺城跡がひろがる錦城山の整備・清掃活動や、大聖寺(城)の歴史講座の開講などを通して、大聖寺(城)の魅力を発信していきたいと考えておりますので、今後ともご支援・ご協力お願いいたします。

⇒『「いしかわ地域の魅力創造まちづくり事業」認定』に移動