400年の時を経て今甦る大聖寺城

錦城山城址保存会

大聖寺城について


石川県加賀市大聖寺の錦城山(標高約65m)に、江戸時代初期まで存在した平山城。

軍記物語『太平記』に初見があり、その頃の城は、錦城山の西につながる通称荻生山(標高約74m)にあった津葉城であるといわれている。

1615年、一国一城令により廃城となる。

その後藩政時代、錦城山はお止め山となり入山が厳しく禁止されていた。

そのため遺構の保存状態は大変良く、本丸や鐘が丸・二の丸・三の丸など多くの曲輪や、土塁、空堀などが残っている。

当保存会では十数年まえから、遺構に繁茂している竹木等の手入れを行い城跡の整備を継続している。


お知らせ


7/6 錦城山公開歴史講座シリーズ

『第5回(最終回) 大聖寺城に関わった武将達』開催のおしらせ

 

これを聴けば、あなたも錦城山(大聖寺城)通!

空前の山城ブーム到来の今、懸崖から大勢の人が錦城山(大聖寺城)を登城!

このシリーズでは、大聖寺城に関わった武将を、毎回2人ずつ紹介します。

武将シリーズは今回が最終回です。

是非、お誘いあわせの上、ご聴講ください。

 

演題:山口右京亮修弘 前田備前守利長

日時:8月17日(土) 午後3時~4時30分

会場:大聖寺地区会館

講師:田嶋 正和氏(元加賀市文化財保護課課長)

定員:50名

聴講:無料

申込:不要


4/29 パンフレット『加賀市指定史跡 大聖寺城跡』ができました!

 

このたび、市観光推進部文化振興課より、パンフレット『加賀市指定史跡 大聖寺城跡』が発行されました。散策ルートが記載された縄張図やモデルコースの案内、大聖寺城の歴史などが簡潔に記載されております。初めて大聖寺城跡を訪れた方にも、その素晴らしさや見所がよく判っていただける内容です。ぜひ、このパンフレットを片手に、大聖寺城跡を探訪ください。パンフレットのサイズは、B4二つ折りと大きめでとても見やすいです。

このパンフレットは、錦城山の大聖寺城跡登り口のボックスにあります。

なお、このパンフレットの発行に伴い『錦城山散策マップ』の掲載は廃止いたします。

⇒ 『パンフレット 大聖寺城跡』に移動


12/6 『加州大聖寺藩参勤交代うぉーく2019』のホームページ開設

 

『大聖寺藩の参勤交代を再現してみたい!!』という加賀聖城高校性の夢の実現に向け、加州大聖寺藩参勤交代ウォーク2019実行委員会が活動を行なっています。今回、その活動を広く知ってもらおうとホームページが開設されましたので、是非訪問ください。

なお、当ホームページの『加州大聖寺藩参勤交代うぉーく2019』コーナーのリンクからも訪問できます。

 

⇒ 『加州大聖寺藩参勤交代うぉーく2019』のホームページに移動