大聖寺城の歴史


1335年 建武2年  敷地・上木・山岸ら狩野氏の一党は名越太郎時兼の大軍に攻められ

                                  『大聖寺の城』に立て籠もったが、越前の国の武曽・深町・瓜生らの

                                  援軍を得て、名越軍を打ち破る。

1337年 建武4年  畑六郎左衛門尉時能は敷地伊豆守・山岸新左衛門光義・上木平九郎家光ら

                                  狩野氏の一党を味方に引き入れ、『大聖寺の城』に立て籠もる津葉五郎清文を

                                  攻め落とした。     (この『大聖寺の城』は荻生山にあった『津葉城』のこと)

1555年 弘治2年  朝倉宗滴が、『津葉城』に籠もる一向一揆勢を破り、占拠した。

1567年 永禄10年 足利義昭の調停により、朝倉方は『大聖寺城』に火をつけ破却。

1575年 天正3年  織田信長は、越前一向一揆を破り、『大正持』・『津葉』に城郭を構え、

                                  戸次右近広正に守らせる。

1580年 天正8年  柴田勝家が一向一揆を制圧し、『大聖寺城』に拝郷五左衛門家嘉を配する。

1583年 天正11年 賎ガ岳の合戦で、拝郷五左衛門家嘉戦死。

                                  柴田勝家を滅ぼした羽柴秀吉の武将丹羽五郎左衛門長秀は、その与力

                                  溝口金右衛門尉定勝を『大聖寺城』に配する。

1598年 慶長3年  小早川秀秋の家臣山口玄蕃頭宗永が『大聖寺城』に入る。

1600年 慶長5年  前田利長との合戦で、山口玄蕃頭宗永『大聖寺城』にて戦死。

1615年 元和元年  徳川幕府公布の一国一城令により『大聖寺城』は廃城。

1639年 寛永16年 加賀藩藩主前田利常は、三男利治に7万石を分封し加賀藩支藩として 

            大聖寺藩を起こす。

            藩政時代、錦城山は『お止め山』として入山を厳しく禁止された。